1/35 プーマ歩兵戦闘車 車体の組み立て

こんにちは。
今週は模型に専念することが出来、製作途中のプーマ歩兵戦闘車も9割がた組み立てが終了しています。欲しいと思っていたキットも数個届いたので後々ブログで紹介していくつもりですが、今回は完成したプーマの車体についての記事です。

車体の組立工程に特に難しいステップはありませんが、塗装を考慮するならばいくつかのパーツを未接着で進めるべきです。特に増加装甲を含むぶっといサイドスカートですが、履帯を覆うように装着されるので塗り分けが非常に困難になります。↓の写真でもサイドスカートは未接着ですが、合いが良いのでパチっと車体にはまり、ズレ落ちることはありません。先にシャーシ下部・転輪・履帯を塗装後に接着予定です。

色々と追加工作を施した箇所もありますが、逆に工程を省いたところもあります。プーマは車体後部をカバーするようにスラットアーマーを装備しているのですが、今回は全て付けていません。理由としては、砂漠でトライアル中のプーマがスラットアーマー未装備であったこと・プラパーツが太く整形されてあり実感に欠けるからです。プラパーツの限界ですね… RFMが悪いわけではなく、そもそもプラスチックで薄いスラットアーマーの鉄板を再現することは不可能だと思います。のちのちボイジャーあたりから、エッチングのスラットアーマーセットが発売されるかと思います。中にはプラペーパーから自作する猛者もいるようですが、今回は過剰なディテールアップは避けたいので潔く省略しました(流石にスラットアーマーを精度よく自作できる自信はないです..)。

スラットアーマーを省略した分、車輌後部が随分すっきりしました。スラットアーマーの取り付け部にはそれらしくウェーブのボルト類を植え付けています。車体には左右・左右後方・後方を移すカメラが5つ装備されています。これらの電源コードはキットで省略されている為、0.2mmの銅線と内径0.3mmの銅パイプで再現。電源コードが車体内部ではなく外部に露出しているのはどうしてなのでしょうね。爆風や散乱した破片ですぐブチっちゃいそうな気がします。ちなみにですが、前回の記事で砲塔にもカメラが装備されてある(上写真にちらっと見えている円形のモノ)と紹介しましたが、間違いでした。あれはどうも、飛翔する赤外線誘導式のミサイルを感知する為のセンサーらしいです。

テールライトは無垢のクリアパーツ整形だったので、裏面からケガいてディテールを追加しています。簡単な作業の割には見栄えがぐっと良くなるのでオススメです。昔はホッチキスの芯を熱してプラに押し付ける形で再現していたみたいですね。

さて、一番冒頭に「特に難しい工程はない」と書いていますが、肝心の可動式履帯の説明がまるっきり抜け落ちています。履帯が何コマ必要なのかすら書いていません… 多少スケールモデルを作ったことがある人ならなんとなく作り方は分かるのですが、ピンが別パーツ式の可動式履帯を製作したのは初めてだったので多少戸惑いました。

9コマ作るのに10分ほどかかってしまいました。めんどくさい作業と引き換えに、メリハリの利いた履帯が再現できます。幸いにもサイドスカートで履帯の上半分が隠れるので、実際に製作するのは120コマ程度で済みそうです。今回は緩い砂丘を走破するプーマを再現したいので、まずはおおまかなベースの形状を決め、サスペンションを地形に追従させる形で接着させなければいけません。塗装に進めるのはもうすこし先のことになりそうですね。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中