1/35 ZSU-23-4 シルカ 砲塔の組み立て

皆さんお久しぶりです。Yahooブログに終焉が訪れるようですね。リニューアルにはちっとも期待していませんでしたが、いきなりの「終了」告知でびっくりでです。ブロ友の皆さんは避難・移住先選定に中々忙しい様子です。FC2や楽天ブログが今の所人気なのかな?
僕はというと傍観しているだけです。以前ヤフブロが常時SSL化(なんのこっちゃ)された時に、膨大な数の写真をリアップロード・記事の書き直しを行いました。引っ越しツールを利用すると幾分楽になるとはいえ、同じような作業をもう一度行うのはごめんです(参照)。移転先のブログサービスがこの先何年持つのかも分かりませんし、もういっそ鯖を借りて、wordpress等で自分のホームページを持つのもアリかなと考え中です。ただその場合、自分でしっかりSEOしないとアクセス数は激減するでしょうし、コメントなど期待も出来ません。もちろん数値を気にしてブログをしているわけではありませんが、やはり読む人からのレスポンスが一番のモチベーションですから… もうちょっと悩んで、結果が出たらまた本ブログで報告させていただきますね!


さてホンのシルカですが、コツコツ製作を続け、砲塔がやっと組み立て終了でございます。

Voyagerのエッチングパーツを適宜使用していますが、労力と結果が見合わない箇所はスパっと省略。その代わり目立つところはしっかり手をいれました。全体的にパーツのフィットが窮屈なのは相変わらずで、繊細さの塊とも言える4連装機関砲が砲塔に収まらないのには焦りました。この辺、入念な仮組みが必要です。

やはり一番の見所は対空レーダーでしょうか。ホンのキットですが、レーダーを展開させた状態しか選べません。対空戦車の要であるレーダーを収納状態で作りたい層はあまりいないからでしょうか? 今回僕がモデルにしている特定車両は、レーダー収納状態・光学照準器もフタがかぶさっています。収納状態にする場合はシリンダー類を自作する必要があります。ケーブル類は潔く省略されているので、銅線や鉄線コイルを使って追加してやりました。レーダー右側のマウントパーツもヒケがひどかったので、プラペーパーから作り直しています。

砲塔後部の雑具箱は適当にやれた感じを出しています。こういう工作をするたびに、ハンダこてが欲しくなります。瞬着でも組めなくはないのですが、ダメージ加工をする場合は接着面の強度が大事となります。弾痕を開けるたびに瞬着が剥がれて大変でした。今年こそはハンダこてを買おう(多分買わない)。消化器は自作です。キットのものはモールドがヌルヌル+留め具が一体成型されています。2mmのプラ棒から作りました。実写では消化器は取り外された状態になっています、が、せっかく作ったので置いておくつもりです。

次は車体の工作ですね。実は足回り等はすでに組み終わっていて、細かい装備品や固定具をつけてあげるだけです。関西AFVには間に合わすつもりでいますが、先月購入したバイクに時間を取られて中々模型に取り組めていません。こうなることは見えていたのですが… やはり自転車とは比べものにならないほど便利です~

ではまた!

1/35 ZSU-23-4 シルカ 砲塔の組み立て” への2件のフィードバック

  1. ブログ開設おめでとうございます!
    やっぱWordPressの方が見やすいしオシャレでよいですね~!
    俺もここにも作っちゃおうかなぁ。

    勝手に新ブログの方にリンク追加させていただきます!
    移行頑張ってください!

    いいね

    1. 初コメありがとうございます!
      自分で色々組み立てられる分、自由度はかなり高いと思います。僕はHTMLの知識が無いので出来ませんが、ある方ならもっと自分好みにカスタマイズ出来そうです。新ブログどこにするか決められたのですか?近いうちに相互リンクタブ等も追加しようと思うので、是非お願いします^^

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中