1/35 BTR-80 車輌の完成

晩御飯を食べながらフェイスブックの投稿を見ていると、中々面白いことを言っている人がいました。模型グループでの投稿です。
木にばかり集中しすぎると、森のことを忘れてしまう。」
訳すとなんのこっちゃなのですが、要するに細微なディテールばかりに気をとらわれていると、大局を見失うということです。まさに、僕が現在製作中のBTR-80がこの状態にあると思います。せっせと錆の下地表現を何時間もかけて行い、こまごまとした追加塗装を筆で塗り…小さなことにばかり集中して、一番大事な模型全体としてのバランス・面白みを考えていないんですよね。

細部塗装・スミ入れが終わった状態のBTR-80がです。

錆の表現も、エンジン等の工作もこれまで作った模型よりはるかに上出来だとは思います。けれど、一歩引いた状態(展示会とかの距離感かな?)で見ると、なんかツマラナイんです。目を引くアピールポイントが無いというか…
展示会で参加者の方が見ても、「あー錆びた車輌か」で絶対終わっちゃいますよね。そういった事を今後は頭に入れながら、模型製作をしなくてはと思います。

タイヤの塗装は上手くいきました。タイヤをホイールにはめる段階で、塗膜がポロポロ剥離して焦りましたけど 笑ちょっとオーバーに劣化表現を施したのが良かったですね。繊細繊細ばかりでなく、どーんと思い切った汚しを心がけたいです。乗降ハッチクッションのはがれ表現も良い感じではないでしょうか?


まだ色々と弄るところはありますが、とりあえずは地面の製作に移行したいと思います。関西AFVの会まで2週間ほどしかありませんからね… ちゃちゃっとスピーディーに作らないといけません。

前回からの追加ウェザリングとして、再度スミイレを施してディテールを強調したのと、クレオスのウェザリングカラーを使用して埃汚れを再現。ゆみこんさんのスチュアート記事を参考に、白くなりすぎぬよう適度に汚しました。

ちなみにベースはこんな感じ。

全く何も考えずに作ったので、構図もへったくれもありません。とりあえず、進めるのみです。

ではまたー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中