1/35 BTR-80 フィギュア

なんともトロい進捗状況ですが、フィギュアの塗装を紹介しておきます。「これいいな~」と何も考えず購入したエボルーション・ミニチュアのフィギュアです。時代設定はチェチェンなのでぴったし。ただ、T-72系に乗せることを念頭に置いたフィギュアな為、BTR-80に設置するのに手間取りました。

こんな感じに配置する予定です。ていうか、ここしか座らせる場所がありません。お尻が少し浮いてしまったので、下に造形パテで作ったタープを敷いておきました。

ここで一つ懺悔しなくてはいけないことが…BTR-80の製作を始めた時、模型界の友達から「なんか意味・ストーリーがあるジオラマ作ってみたら」とアドバイスを頂きました。BTRや兵士をどう物語にしようかと色々と考えたのですが、これは潔く単品・小ビネットに仕上げます。僕の悪い癖でして、構想を練る前に作り始めちゃうんですよね。結果、ストーリーも無理やり捻じ込んだ中途半端なものになりがちです。それならフィギュア絡めた単品でいいなと。

とりあえずベストとRPGバックパック、武装類を塗りました。全てファレホ。フィギュアに迷彩を塗るのは初めてです。参考画像が無いとなかなか難しいですね。全ての塗装が終わった後、軽くウォッシュを入れる予定です。それでもうちょっとディテールが目立ってくれれば万歳です。 

イメージ 4

武器は微妙ですね。この後早速AK74の銃身折っちゃいました。

緑一色にする予定だったタープ。BTR本体の色とかぶってしまいそうなので、一風変わった迷彩柄にしてみました。ウクライナによって使われているそうです。色味的に、冬季・積雪地帯用かな? フィギュアも防寒着をしっかり着込んでいるので、ちょうど良かったです♪

そして今回、写真撮影に効果を発したのが新レンズ!オリンパスの60mm F2.8マクロレンズです。ヤフオクにて中古で購入しました。レンズはかなり細長く、お世辞にもOM-D EM10 mk2に似合うとは言えません。しかし、肝の接写性能は素晴らしく、F2.8開放でもキレッキレに写ってくれます。模型完成品・製作過程の写真撮影には欠かせないレンズになりそうです。フルサイズ換算で120mmとあって、ちょっと望遠よりのポートレートレンズにも良いかなと思います。いかんせんまだ手にとって間もないので、もう少し使用してからまだレビューしてみようかなと思います。


台座正面から見ると、フィギュアは横方向を向くことになるのでヨシとします。銃のスリングはマスキングテープ、ヘルメットのストラップはエッチングパーツの余り。

時間をかけただけあって、過去一番の出来です。元来フィギュア塗装が苦手で、塗ろうともしなかった出戻り初期と比べると、随分な進歩です。でも、大ベテランのモデラーさんフィギュアと比べると、雲泥の差。何が違うんだろう。

そろそろBTR80本体にもサフ吹かなきゃですね。
予定では、今頃ベースの仕上げ作業しているはずだったのですが Orz

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中