1/35 BTR-80 内部の塗装

塗装したのは座席下の駆動軸カバー・後部隔壁です。

モールドがしっかりしているので塗り易いですね。BTR-80の内部色はいくつか例があるようですが、最も一般的な白色に少し水色が入ったものにしました。これを二回ヘアスプレー塗装して、チッピングに深みを出しています。

比べて、自作したインテリアはやっぱりモッサリとして塗りにくかったです。単色でベタ塗りしただけではおもちゃのように見えてしまうので、エッジにハイライトを入れたり工夫しています。

例えば上の写真の消火器。これはツヤありで塗っている訳ではなく、光沢感が出るよう白色でハイライトをチョロっと筆塗りしています。

全てを汚そうと思うと大変なので、開口部からみえる箇所に絞ってウェザリングを施しています。隔壁部分と分けて塗装したせいか、錆や経年劣化の色合いに随分差が出てしまいました。前回はヘアスプレー技法でチッピングを作りましたが、↑の画像は全てスポンジ&筆で書き込んでいます。その後はエナメルのクリアオレンジ、油彩のダークブラウンといった塗料で細かい汚れを追加。

良い感じです。もう少し座席を汚しても良かったですね。汚れの度合い・色合いがチグハグな印象を受けます。本来なら手直しするべきなのですが、どうせ殆ど見えないと思うのでこのまま進めます。

車体の上下接着には手間取りました。大きなズレはないのですが、いまいちピタリとはまらず…仮組み時には問題なかったので、インテリアを組み込んだ状態で少しズレが生じたのではと思います。瞬着とマスキングテープで強引に接着しましたが、接合部の整形に手間取りそうです。溶接跡も再現しなくっちゃ。伸ばしランナーを刻む方法、凄く苦手なんですよね Orz

片側だけ開ける予定の窓には顕微鏡用カバーガラスで割れ表現。うっすらとエナメルグリ-ン+ブルーを吹くことによって、ガラスっぽさを出しています。割れの筋?(なんかエロいぞ!)に白いエナメルウォッシュを流し込むことによって(さらにエロくなったぞ!?)、筋を強調させています。
真面目な話ですよ!

エンジンは良く見えます。ここは頑張って工作・塗装して正解でした。対して乗員区画はというと… 

ほとんど見えないです。開口部が少ないというより、内部に届く光が少ないのが原因です。 LEDで光らせれば解決する問題ですが、あくまで遺棄車輌なのでそれは出来ません。写真一杯撮ったので潔く諦めます。

次は外部の組み立て、そろそろジオラマの台座作りも始めないといけませんね。なにより、まずは滅茶苦茶散らかった作業机を片付けるところからスタートです。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中