1/35 BTR-80 乗降ハッチの製作

今日の作業で内部工作の90%くらいが終了しました。後はエンジンの仕上げ、戦闘室内の配線の追加くらいです。

では本日の成果を…

自動消化システムを追加しました。

え、横のドアから見えないじゃん、と思われるかもしれませんが、天板ハッチも開くので丸見えになります。錆びさせながらも消火器の赤を残してやると、良いアクセントになってくれると思います。乗降ハッチの左側にも少し追加工作。戦闘室内部からハッチを閉めやすくするよう、ハッチと車体は紐でつながれています。室内から紐を引っ張ってやると、ハッチが閉まるという算段です。

乗降ハッチの上部。裏になぜかディテールが一切なかったので、AK用の射撃ポートを自作しました。なにやら良く分からない配線があるのでそれも追加しましたが、かなりのオーバースケールになってしまいましたね。これ以上の細さパイプは中々上手く作れません。

下部ハッチ。張られたカバーが破れた様子をアルミホイルで再現しました。アルミホイルをもう少し丈夫に扱いやすくしようと、今回は二重にしたものを使用しました。

天板ハッチ。特に言うことはありません。ここから前述の消火システムの一部を見ることが出来ます。

最後に現状をパチリ

ではまた~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中