1/35 BM-21 運転席の塗装

こんばんわ。

世間は静岡ホビーショーのニュースで盛り上がっていますね。僕は残念ながら行けず、他の方のレポートを羨ましく待つのみでございます….
タミヤで一番話題になっているのはドイツ国防軍戦車兵セットでしょうか?僕は1/32の新作航空機を期待していたのですが、今年はF4Uのバリエーション展開のみのようです。来年こそは1/32のMe262だったりP47がリリース… なんちゃって

ノソノソとですが、BM-21グラートも進めていますよ。
今週の火曜日頃に運転席内部の基本塗装を済ましておきました。

後部隔壁と天板以外はロシアングリーン(2)で塗装。シートはタイヤブラックを少し淡くしたものを使用してエアブラシ吹きしておきました。
細かい塗りわけはエナメル筆塗りで行います。

運転席の計器用のデカールが付属しています。

繊細な出来で素晴らしい印刷なのですが、流石にこれ一枚をシワなく貼るのは不可能です。
突起物の多い下部を切り取ってから、マークソフターを多めに使いながら貼りました。気をつけたつもりなのですが、やはり少しずれてしまいました。

今回初挑戦だったアルミ箔を使用したシートの破れ表現は成功です。

成功なのですが、もう少し大きめにやぶいちゃってもよかったですね。
今のままだと余り目立たないです。
くたれたカバーを再現する為に、明るめのグレーで数回ドライブラシを施しました。

運転席の足元はウェザリングをきつめに行います。

ピグメントやエナメル塗料を使ってらしく汚しておきました。
ペダル類も剥げさせたほうがよかったかな?金属のてかりなんかを後から付け加えるかもしれません。

これで運転席の組み立て・塗装工程は終了なのですが、なんだか味気がありません。
緑・黒・灰色しかつかっていないので、アクセントに欠けるんですよね。なのでジャンクパーツを使って小物を作ってあげることにしました。

ドライバー座席の下にとりつける消火器。ZSU-57-2の消火器とすぴごっとミサイルのパーツ、さらに銅線で製作しました。けっこう「らしく」見えませんか?

こんな小さいものも。伸ばしランナーと銅線でコーヒーカップを作ってやりました。塗装はサフを吹いただけのコップに、スミイレの容量でコーヒー(っぽく調色したエナメル塗料)を流しこんだだけです。

あとはメーターをマスクして、フラットクリアーでツヤを統一してから~

完成!

いい感じです。コーヒーカップが目立ちすぎな印象ですが、消火器はいいアクセントになてくれていますね。
助手席には地図を、後部隔壁にはエッチな雑誌のポスターを貼り付けてやりました。

天板をつけると内部が暗くなり、折角丁寧に塗ったのが台無しになってしまいます。
なので天板は未接着にすることも考えています。銅線でペグを作ってあげたらパーツ保持も簡単でしょう。
明日からまたバイトあんど教習です。めんどくさいけど頑張るぞ 

ではまた~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中