1/35 BM-21 シャーシの組み立て

こんばんわ。

最近模型製作は停滞気味です。モチベーションというよりも、技量&資金の問題ですね。ベース作りにも踏み込めないし、レジン積荷セット・履帯の購入もバイトのお給料が入ってからになりそうです。けれどせっかくの休みなので模型は作りたい!ということで、またまた新しいキットに手をつけました。

トランペッターの1/35 BM-21グラートです。例のごとくブログ友達のホワイトタイガーさんから頂いたものです。

ボックスアートを見ると分かるように、有名なURALトラックにロケットランチャーをたくさん(40筒)積んだソ連らしい火力支援車輌です。ソ連解体後もロシア含め、色々な国で使用されています。ここ数年どんぱちしているシリアでも投入されていますね。

着弾はこんな感じです。

… おそろしい! 交戦地域に普通に車が走っている光景にもびっくりですけどね。


キットはトランペッターお得意のマルチマテリアル。プラにエッチング、タイヤはゴムとスタンダードな内容です。

計7つもあるタイヤのトレッドパターンもばっちり!

真ん中にうっすらとパーティングラインがあります。これって普通にやすって大丈夫なのでしょうか?ゴムは削り難いから、一度冷凍してからやするってどこかで見たことがあります。

プラパーツ群は正直がっかり。2013年と比較的新しい金型なはずですが、バリが酷いです。

パーティングラインも図太いし… 前にトランペッターのティラン作ったときはこんなに酷くなかったぞ。なんて言いつつ、結局はタミヤや他メーカのパチピタクオリティーに自分が慣れすぎているだけなのかもしれませんね。

説明書にしたがって組んでいきます。
まずはシャーシから。

何気にトラックを組むのは初めてです。戦車とは全然違いますね。
めんどくさい転輪が無い分、シャーシ内のちょこまかした機器の製作に手間取ります。シャーシが歪んでいると大変なので、後々問題が出てこないよう祈ります。

続いてエンジンの組み立て。

車体の大きさの割には、以外に非力そうなエンジンです。
海外レビューを見てみたところ、どうやらこのエンジンの出来は悪いようで、必要なパーツが多く抜けているみたいです。
自力でディテールアップする知識もないので、ここは潔くボンネットを閉じます。閉じると何にも見えなくなるので、パーティングラインや押し出しピンもほったらかしです 笑

完成後も裏からだとエンジンが見えるのですが.. そんな神経質な人いないでしょう!
なんなら台座に固定してしまったり..

数時間かけてここまで進みました。

前輪はハンドルをきった状態にしたいですね。
慣れないトラックなので、どこまで接着していいのか分かりません。
あくまで息抜きなので、深く悩まず作っていこうと思います。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中