1/72 SeaVixen FAW.1 機体上面の塗装

第2回で機体の組み立て・下面の塗装を終えたシービクセンですが、上面の塗装に向けてマスキング作業を始めます。
結構ややこしい形状なので、新兵器として購入したタミヤ曲面マスキングテープなども駆使しました。

境目に白く見えているのが曲面マスキングテープですね。
通常のテープとくらべてやや厚いものの、ビニールテープのように少々曲げながらでもしっかり追従してくれます。

上面色に使用したのは、エクストラダークシーグレーとブルーエンジェルスカラーを3:1の割合で混色したもの。
写真で見るビクセンって結構青みが強いような気がします。

時間をかけて丁寧にマスキングすると報われますね。
いい感じに塗りわけできました。多少吹き零れはあったものの、筆で軽くタッチアップするだけで目立たなくなりました。
ノーズコーンは上面色に黒を混ぜたものを吹いています。

忘れないうちにキャノピーのマスキング&塗装も…
前のキャノピーのマスキングに少々手こずりました。上手くいっているといいのですが… 結果が分かるのは最後の最後ですね。


続いて飛行機プラモに欠かせないデカール貼りの時間。
AFV系でもデカールを使いますが、飛行機ほどではないですもんね。自分の苦手な作業でもあるので、あせらずゆっくりと進めていきます。

デカールはカルトグラフ製。薄くて丈夫と定評のあるイタリアのデカールメーカーさんですね。
6つのマーキングから選べるようになっています。尾翼のマークに個性的なものが多いので、選びがいがあります。シー(海)ビクセン(女狐)とだけあって、キツネを模したマークが多いですね。

一番大変なのは機体上面の立ち入り禁止マーク。

日本の大戦機のフラップなどにかかれた「ノルナ」の現用版ですね。
既に赤線ぎりぎりまで切り抜かれているので、シルバリングの心配はありません。けれどヒョロヒョロのデカールをきっちり貼るのは大変です 汗

翼を折りたたんだ状態で製作しているので、普段は目立たない翼下面も気合を入れてデカールを貼ります。識別番号が歪んでいると目立つので、マスキングテープで直線を出してから貼り付けてやりました。

あと少し… な時に痛恨のミス。
マークソフターを塗っていたデカールを指で触ってしまいました。

テールの側面なので結構目立つ位置です。
焦らず、余分に調合しておいた機体色と白でタッチアップ。

良く見ると荒いですが、この後クリアーを拭いてやれば分かり難くなると思います。
ひとまずは一安心です。


主要なデカールを貼り終えたビクセンがこちら。

選んだのはイギリス海軍 第892飛行分隊の219番機です。
キツネの隣の文字は何なのでしょうね。よくみたら感じで八九二と書いているように見えます。

次はコーションデカールですね。
まだまだ大量に貼るべきデカールが残っています。一晩乾燥させて、触っても安心できる状態になってから再開したいと思います。
汚しはどうしようかな? 光沢仕上げも似合いそうですね。

ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中