1/72 ISU/JSU-152 組み立て

こんばんわ。
次の作品(出来ればちゃんとしたジオラマ作ってみたい)に取り掛かる前に、息抜きとして1/72スケールのJSU-152を製作しています。AFVの会の際に、トトロさんからお土産としていただいたものです。

箱にはISU-152とあります。
単にISU(イョセフ)JSU(ジョセフ)の違いなので、結局はスターリンおじさんを指す同義語みたいなものです。製作記では日本でより一般的に用いられているJSUを使用します。

って… あれ?

箱の右上になんかすごーく不安になる言葉が書いてあるんですが…
1/72のスナップフィットって 笑
しかしキットの出来は期待(?)を裏切るかのように、なかなか素晴らしいモールドです。ズベズダとか東欧・露メーカーのキットって初めてですが、これなら安心して作れそうですね。

1/72に関しては知識も経験もないので、ディテールアップは最小限に留め、完成させることを目標とします。
JSU-152の顔でもある砲マントレットは、鋳造表現がされてなくツルツルだったので、溶きパテで荒らしてやりました。

金属線に置き換えられそうな所は、一度伸ばしランナーで埋めてから再度穴を開け、取っ手を取り付けます。

後部フェンダーにはソ連戦車特有の燃料タンクがつきます。
気楽にディテールアップできる場所なので、4つのうち1つのタンクが脱落した状態を表現します。固定具は不要エッチングパーツからそれらしいのを使用しました。

Dshk重機関銃もいい感じ。

銃口を開口させようとドリルでぐりぐりしてたら、四角いマズルブレーキごともぎ取れそうになりました 笑
1/35と同程度の強度と考えて作業


今度はシャーシと履帯に取り掛かります。
おそらくこのキットで一番難しい工程ですね。

軟質プラやゴムではなく、フツーのプラスチックです。
これを転輪に巻きつけるのですが、スナップフィットですので余計なギミックが…
接着剤ありきなら、もっと簡単に製作できると思うのですが、スナップフィットってどこの誰に需要があるんでしょうね?

説明書はこんな感じ。

なきそうになりながらも、履帯を無事巻くことが出来ました。
上部転輪で履帯を挟み込む形で固定されています。頑丈なことは頑丈なのですが、履帯を弾ませたりは出来ません。
重厚感あふれる弾みがJSU-152の特徴でもあるので、少し残念です。

ぱぱっとオキサイドサフを吹いてみました。
塗装をどうするかはまだ未定です。デカールが微妙に黄ばんでるのが不安。
1/72の塗装ってどうすればいいのでしょうね。
トトロさんの3号や、アマモのゆみこんさんの記事を読みながらじっくり考えたいと思います。

ではまた~!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中