1/35 Ⅱ号戦車C型 フィギュアの塗装・台座製作

引き伸ばした感満載ですが.. 今回でII号関連の製作記事はオシマイです。
まずはフィギュアの塗装を済ませてしまいましょう。残念ながら肌色系のファレホは持っていないので、いつも通りのタミヤエナメルで塗っていきます。今度フィギュアを作るときは、ファレホの顔塗装セットを用意したいですね。

なんだか油彩画みたいです 笑
髪の毛は上手くぬれたと思うのですが、やはり肌色に苦戦しています。もう少し赤みを足してみたほうがいいのかもしれませんね。
…どっちにしろ、こんな顔でトマトを取る人とは仲良くなれる気がしません 汗

ヘルメットはフィールドグレイを二段階にヘアスプレーしているのですが、全然わかりません。もう少し明暗に差をつけたほうが良かったかもしれません。
エッジ部分はエンピツで少しハゲさせてやりました。

なんか顔が大きい気がします。アルパインとかのフィギュアはみんな小顔です。対してドラゴンやタミヤの古いフィギュアは頭でっかちですね。

前屈姿勢なので、基本的に顔は見えません。けれど頑張って塗った手榴弾やユニフォームが隠れてしまうのは少し悲しいです。一応写真を記念に一枚だけ….


続いては台座です。最近はBT-7のように台座をサボることが多かったのですが、今回は展示するということでキチンと作ります。
使用したのはホームセンターで購入したデコパージュ。700円くらいだったかな?
これ買うために往復1時間以上歩きました…

台座の製作につきましては、この方のガイドを参考にしています。作品も大変素晴らしくて、僕が目標にするモデラーさんの一人です。

エンピツで下書きをしてから、線をなぞるようにマスキングテープを貼ります。後の抉る作業で、エッジが破損するのを防ぐ役割です。視覚的にも彫りやすくなります。

ネームプレートは2層構造。

透明アクリル板は2mmを使用しました。アクリルカッター必須です。正直1mmでも良いのですが、やはり厚みが有るほうが高級感が出ると思います。
ネームプレート本体はシルバー調の紙に印刷しただけです。昔は真鍮板に透明シールを貼り付けていたのですが、気泡を抜くのが大変です。こっちのほうが10倍簡単かつキレイに仕上げられます。
3枚1500円くらいでお高いんですけど 泣

オイルステインで木を染めていきます。
その前にとの粉で木目止めをしておきましょう。

今回は明るめの色が良かったのでマホガニーを使用。ボークスで売られています。
適当に塗ってもムラにならないので好きです。

じゃじゃーん!

3時間くらいで作れました。オイルステインがまだ完璧に塗装していないので、少しツヤが出ていますね。説明文にスペル・文法ミスがあっても指摘しないで下さい… 凹みます 笑
以前飾り台を作ったとき、完成してからスペルミスに気づいたんですよね。CannonがCanonになっていました。

ではまた~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中