1/35 BT-7 1935型 ウェザリング

急速モードです。
一週間もたたずに塗装までいってしまったのは、自己新記録ではないでしょうか。タミヤの、それも組み易いキットなので自慢することではないですが。
モチベーションが溜まっている間に、進めるだけ進めちゃいましょう。

前回はカラーモジュレーションを併用した基本塗装まででした。
一晩乾燥させた後、細部の塗装やウェザリングにとりかかります。「やりすぎ注意・キレイな模型を作る」と自分に言い聞かせながら励んでいました。

まずは、細部のハイライトを筆で塗っていきます。塗装面積が小さいのでラッカーを使用。かなり多めに白を溶きいれたものを使いました。

リベットなど、凸部にチョンチョンと塗るだけです。光の当たり方などは特に考えていません。あくまでディテールを目立たせるという意味でのハイライトです。

軽めの汚しですが、ハゲるところはきっちりハゲさせます。
ハッチ周辺はチッピングを多めに。ZSUと同様、ハイライト色でチッピングを書き込み、その中に暗色を塗ります。

スポンジチッピングもほんのちょびっとだけ。
なんかディテールがあまいな~って所にはスミイレしてあげました。数色使うと深みがでます。

フェンダーに4つのっている箱状のものは燃料タンクです。この時代から外部燃料タンクの伝統は始まっていたのですね。

大したことはしていません。クリアオレンジとツヤ有りブラックを薄めたものを使用して、燃料が染み出た演出。わざとらしいっすな~

お次はエンジン点検ハッチ。

緑がハゲた取っ手が良いアクセントになるのですが、上に砲塔がかぶさる為あまり見えませんOrz
車体上部にある4つの突起って何なのでしょうね?見た目的にアンテナの差込口っぽいのですが…
ジャッキ台はベークライトだそうなので、木目は入れていません。地味にマスキングして塗り訳ています。ブラウンエナメル系は隠蔽が弱いんですよね。

今回の反省ポイント。

排気管が微妙です。いつも通りパステルを溶いて塗ったのですが、やり直ししたほうがいいかもですね。車体下部のウェザリングが終わって、違和感が大きいようでしたら塗りなおします。

反省ポイントその2。

ホーンが目立たなさすぎです。目立てばいいって訳ではないのですが、なんだか物足りないです。ライトは黒で正解のようです。フロントフェンダーあたり、もうすこしチッピングさせてもよかったかな?


とりあえず車体上部の工程を終了としておきます。明日は苦手な泥汚し。

はやく砲塔のライトにクリアパーツはめ込みたいです。
タミヤのカスタマーサービスって発送遅いのでしょうか?がんばれーはやく送ってくれー!

ではまた~
いつもコメント有り難うございます。励みになっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中