1/35 BT-7 1935型 カラーモジュレーション塗装

どんどん進めていきましょう。
今回はサーフェイサーを使用していません。Mr.カラーのセミグロスブラックで塗りつぶすことにしました。エアブラシの調子が悪いので、あまりサフを使いたくなかったという理由です。

塗装しているBT-7はソ連標準の緑一色。
いつもどおり適当に調色したものを使ってベタ吹きしました。その後、アーマーモデリング1月号の住友さんの作例を参考にカラーモジュレーションに挑戦。

マーキングは砲塔横の白丸のみです。少し寂しいですね。
もしかしたら後々何か追加するかもです。

タイヤ・転輪もエアブラシで塗り訳。ダイソーの円定規を使用すると綺麗にし亜柄いました。19サイズがぴったりでした。

砲塔はこんな感じに。
カラーモジュレーションって何なのか、いまだに良く分かっていないです。

光を意識するというより、なんだか隣りが同じ色にならないようにしている感じ。汚しの後でどれだけ効果が残るかは分かりませんが…

車体前面は結構吹きこぼしがあります。マスキングを怠けると二度手間がかかってしまう典型例ですね。

車体についているライトはセミグロスブラックのまま。
写真や作例みてると、ライトだけ黒なのがたくさん見つかります。

そんなこんなで基本塗装が終了~

やはり、緑一色は寂しい..ですね。
これにヘアスプレー冬季迷彩すると 凄くかっこよくなりそう。

けど「サクっと綺麗に作る」という趣旨から外れてしまいますね。

タミヤカスタマーサービスからクリアパーツを1つ注文しておきました。
420円+代引き…. キットの1/3の値段 -.-

ではまた~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中