1/35 シュツルムティーガー ロケット弾の塗装

え~本日は
とりあえず週末 少しだけでも模型弄ったよ
というアピールをするための投稿でございます。進捗具合で言うと、1%も進んでいないのであしからず… スミマセン


前回はインテリアのプラパーツを組み終えました。ディテール追加のためにアベールのエッチングを使うのですが、まず使っても完成後見えるところが少ないです。

おそらく一番目立つ砲身のライフリング。

板状のエッチングパーツをおそるおそる丸め、砲身に差し込みます。
接着しなくてもいいくらいにキツキツなのですが、一応瞬着をしみこませてやりました。絶対失敗するだろうと思ったのですが、意外と簡単に出来ましたね。

で、少し心配になる発見が..

写真と比べてキットの砲身が随分細く見えるんですよね。38cmのロケットを射出するわけですから内径は変わらないはずなのですが。
写真の砲身がマントレットに向かって円錐状に広がってるのでしょうか?それとも単なるアングルの問題なのかな?

他に手を加えた部分。

目立たないですが気になったので。ロケット用のラックの先のピンを銅線で。

写真では上部小ハッチが開いた状態になっています。なのでアベールを使用しディテールアップ。同じく押し出しピン跡も処理しておきました。

これはロケット。なんか汚いですよね。

おそらく車両が遺棄された時点で、車内のロケットは全て取り除かれているはずです。もしかしたらSTと同じく捨てられたかもしれない、ということで水に沈んで錆びた砲弾を再現。
表現的には間違ってないのですが、塗装次第で変に見えちゃいそうですね。

ガイアノーツのオキサイドサーフェイサーを吹き、Mr.カラーのサビ系色で色味を足してあげます。使用した色はブラウン・艦底色・レッドなどなど

エナメルのクリアーオレンジやフラットブラウンをスプラッシュさせてみたり。全てAmmoの動画チュートリアルで紹介されていた手法です。気になる方はコレを見てください。

ジオラマには使用しないのですが、信管が入った状態のロケットもフィールドグレイで塗装してみました。

溶きパテがいい感じに味を出していますね。
けど肉眼で見るとほとんど分からんぞ。水に沈めた暁には絶対に分からん…
プラモってそういうこと多いですよね。一生懸命作ったコックピットが9割見えなかったり… Orz


サビ下地を塗り終えると、今度はヘアスプレー技法でフィールドグレイを薄くムラのあるように吹きます。Mr.カラーではなく アクリル系塗料を使用してあげましょう。

デカール貼りは特にトラブルも無く終了。マークソフターを使えば曲面にも綺麗に馴染んでくれます。いつもコメント頂く盟主さんによると「水につけるなよー」的なことが書いているらしいです。13Aってのは何なのでしょうね。
マスキングは白線用です。デカールが付属するのですが、どうせ殆ど削っちゃうのでエナメル塗料で代用しました。


完成したのがこちら。

なんか上手く写真が撮れないんですよね.. Su76Mの写真撮影の際、設定を弄り回したのがダメだったようです(当たり前
設定リセットしちゃおうかな。

結構気合を入れて塗装したんですけど、ジオラマに配置するかは未定です。
なんで作ったねん?と疑問に思われる方も多いかもしれません。実は、「サビの上に薄く基本塗装」テクニックを試してみたかっただけです。改善の余地ありですが、初めての割には上手く出来たと思うので本番もこれでいこうと考えています。

ちなみに父には「赤すぎんじゃね?」といわれました 笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中