1/35 シュツルムティーガー インテリアの塗装

こんばんわ、今週は特に変わった出来事もなかったのでささっと製作記のほうにはいっちゃいましょう。

そうだ。タコムのこれ…

めちゃくちゃ欲しいです!!
単品でもジオラマでもかっこいいだろうな。予約しちゃう勢いなんだけど、まずはシュツルムティーガー完成の目処をたてなければ 汗


前回は砲弾の塗装という 少し中途半端な内容でしたね。今日は残りの内部塗装を済ませたいと思います。
ガイアノーツのオキサイドレッドプライマーをベタ塗りした後、Mr.カラーのフラットホワイトをエアブラシで吹きました。

オキサイドレッドが露出している箇所は、単調にならないように赤茶系の色を吹いています。お粗末な作りの座席はエナメルのラバーブラックを筆塗り。

続いて細かい塗りわけ。

左はロケット用のラック。右はロケットの装填を補助するための装置ですね。黒く丸い部分がゴム製のローラーとなっています。
ってことは撃つたびに砲身の折角を水平にしなくてはいけなかったのかな?

見えるわけないのに、あまったプラ棒を使ってトーションバーを製作。

我ながらアホだなぁ… 絶対見えないのに、完全に自己満足ですね。
追加工作するくらいなら押し出しピン跡処理せんかい!!


基本塗装を終えたら汚しです。今回は油彩をメインに使用してみました。
薄めるのに使ったのはジッポーオイル。結構高いんですよね。

点付けして..

伸ばす。

比較するなら せめて同じ箇所の写真とれよ
と、写真ファイルを見ながらセルフ批判 笑

完成後見える場所のみ、エナメルで細かい汚れを追加しています。

全て汚そうと思うと時間かかるし、ここはモチベーション温存の為ちゃちゃっと仕上げます。

赤丸で囲っているのが 完成後見えるであろう部分。
ローラーと右後部ラックのみ汚しています。


じゃーん 完成です。
ロケット乗せると雰囲気でてる気がする。

少しインパクトにかけますが、殆ど隠れるので良しとしましょう。
ちなみに接着前に砲弾は取り外します。

完成後 どれだけ見えるかって?

ほらぁ(爆

もう、ええよ… 泣

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中